第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】

第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク|オレと付き合ってください【ノゾキアナ7巻】

ノ・ゾ・キ・ア・ナ
作者:本名ワコウ
>>【スマホ漫画】ノ・ゾ・キ・ア・ナ|無料試し読みはコチラ
*試し読みは無料です
「ノゾキアナ」で検索してください

 

(7巻収録話)
第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ
第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク
第58話:ナ・ン・デ?
第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ
第60話:オ・モ・イ
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ
第63話:ツ・ミ

 

(第57話あらすじ)
まどかちゃんの告白を聞いて自分も決意を固めた龍彦、彼女を連れてアパートへと帰ってきました。

 

途中で雨が降り出し、びしょ濡れになった二人は一緒にお風呂へ入ることに。

 

ふざけ合いながらも楽しいバスタイムも終了し、いざとなると空気が重い…。

 

まどかちゃんは初めてなわけですし、緊張するのも当たり前かな。

 

どうしたものかと迷いつつ、とりあえず布団を敷いて二人で正座しながら向き合ってみました。

 

こんな真面目モードって初めて!?

 

龍彦もいい加減に真面目ですが、まどかちゃんはもっと真面目さんだな〜。

 

ふつつか者ですが、よろしくお願いしますって結婚か!?

 

龍彦も思わず吹き出してしまいましたが、真面目に彼女へと向き合います。

 

オレと付き合ってください、そう真剣な顔で告白するとボロボロ泣き出すまどかちゃん。

 

緊張が解けたのか、嬉しかったのか。

 

とにかく素直で可愛い女の子じゃありませんか〜。

 

えみるとの秘密を抱えている龍彦には勿体ないくらい、本当にいい子だよ!

 

自分の言葉が足りなかったと反省しつつ、いよいよエッチをはじめて行きます。

 

怖がっている彼女をほぐすよう、ゆっくりと事を進める龍彦。

 

そして、いよいよという時に彼は考えいた覚悟を固めました。

 

穴の存在を忘れる

 

これこそが龍彦ができる最大の攻撃であり、覚悟の現れってこと。

 

挿れる寸前に穴に向かって宣戦布告のVサインとかまし、腰をグッと突き上げます。

 

そんな、まさにこれからという時にまさかの邪魔が!?

 

>>第58話:ナ・ン・デ?|ノゾキアナ7巻あらすじネタバレ

 

ノ・ゾ・キ・ア・ナ
作者:本名ワコウ
>>【スマホ漫画】ノ・ゾ・キ・ア・ナ|無料試し読みはコチラ
*試し読みは無料です
「ノゾキアナ」で検索してください

関連ページ

第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス|新たな気持ちで恋を始める決意を固めた龍彦、まどかちゃんを食事に誘います。ところが、せっかく二人で会おうと思っていたのに余計なお邪魔虫が付いてきて…。まどかちゃんのクラスメイトである望月、理恵は仕方なし。そこへなぜか米山が参戦し、えみるまで来るなんて聞いてない!
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ|新しい恋を始めようとまどかちゃんを誘った龍彦でしたが、結局はいつもの飲み会に。さらに初対面の塔子という女が変な絡みをしてきたせいで場の雰囲気は最悪!えみるの機転で無事に収まりましたが、仕返しに狙われたのは龍彦でした。
第58話:ナ・ン・デ?|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第58話:ナ・ン・デ?|穴の存在を忘れ、龍彦はまどかちゃんとエッチをする覚悟をしました。ところが寸前になってまさかの邪魔が!?なんと、えみるが壁を激しく叩いてきたのです。覗き合いの時は互いに干渉しないのがルールのはず、それを彼女から破るってどういうことだ!
第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ|まどかちゃんに告白して初エッチから一週間後、龍彦は彼女の家に来ていました。今日は土曜日、週末は彼女のところで過ごすつもりです。手作りのご飯を食べ、イチャイチャしながら過ごす週末って久しぶり?友里ちゃんの時は週末だけは一緒に過ごせない関係だった
第60話:オ・モ・イ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第60話:オ・モ・イ|まどかちゃんとラブラブな龍彦、最近では米山に加えて後輩の望月たちと一緒にいることが多くなりました。そんな縁でスパリゾートへ行くことになった一行ですが、えみるが一緒なのが気になる!?龍彦の心配はおいといて、今回は久々の水着サービス回です!
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ|話がある そう言われた龍彦ですが、その日えみるは動きませんでした。覚悟したような笑みを浮かべながら、自分の想いをすべて話すと言った彼女。どうやら簡単な話ではなさそうですね。覗き合いへの執着、龍彦への歪んだ愛情、一体どんな胸の内を明らかにしてくれるのやら…。
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ|話があると言って龍彦の部屋を訪れたえみる。しかし切り出そうとしたタイミングで望月たちが登場し、止む無くクローゼットに隠れました。一緒に隠れた龍彦も去年の夏の出来事を思い出し、ふたりは興奮し始めてしまいます。でも、それはすぐそこで行われている性行為に対するものではなく…。
第63話:ツ・ミ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第63話:ツ・ミ|クローゼットに隠れたまま、裸になったえみるは最後の意地悪だと言って龍彦の下半身を握りました。逃げてもいい、あたしは追いませんと言われますが龍彦のとった行動とは?逃げるどころか、蘇った愛おしさと共に彼女のパンツの中へと指を差し入れていくのでした。