第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】

第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ|普通の恋人同士って素晴らしい【ノゾキアナ7巻】

ノ・ゾ・キ・ア・ナ
作者:本名ワコウ
>>【スマホ漫画】ノ・ゾ・キ・ア・ナ|無料試し読みはコチラ
*試し読みは無料です
「ノゾキアナ」で検索してください

 

(7巻収録話)
第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ
第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク
第58話:ナ・ン・デ?
第59話:ス・キ・ニ・ナ・ロ・ウ
第60話:オ・モ・イ
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ
第63話:ツ・ミ

 

(第59話あらすじ)
まどかちゃんに告白して初エッチから一週間後、龍彦は彼女の家に来ていました。

 

今日は土曜日、週末は彼女のところで過ごすつもりです。

 

手作りのご飯を食べ、イチャイチャしながら過ごす週末って久しぶり?

 

友里ちゃんの時は週末だけは一緒に過ごせない関係だったので、何気ないこの幸せが何より嬉しいようです。

 

まどかちゃんの部屋は意外にも可愛い家具で溢れ、思っていたより少女趣味みたい。

 

年上だから大人っぽい、なんてつい思ってしまったのかな?

 

でも下着はTバック!?

 

見えないところは大人仕様ってことですか…。

 

そのギャップは男にとっては嬉しすぎる!

 

まだ見ぬ彼女の一面に、これからも期待ですね。

 

じゃれあっている内、エッチな雰囲気になり始めてふたりはベッドへ移動します。

 

さあ、これからという時にまどかちゃんから出たのはえみるの名前!?

 

思わずドキっとする龍彦ですが、彼女としてはえみると恋のキューピッドだと思っているようで。

 

確かに飲み会で塔子に絡まれたのを助けてくれたり、アドバイスをくれたのは彼女でした。

 

満面の笑みで語るまどかちゃんを龍彦は少し複雑な顔で見ています。

 

彼にとって、えみるは厄介極まりない存在なわけで。

 

周囲が彼女を特別視するのが理解できないところも。

 

誰かが褒める度、ちょっとイラついてしまうのでした。

 

でも今はまどかちゃんのことが一番大事!

 

この間まで処女だった彼女はエッチだってまだ慣れていません。

 

無理して好きなようにしてとは言いますが、本音を言い合おうと優しく諭す龍彦でした。

 

お互いの素を見せ合ってからが本当のスタートだと思う、って本当にえみるみたい!

 

なんだかんだ言って、彼女に影響されちゃったのかな?

 

すると、早速まどかちゃんからお願いが飛び出しました。

 

男の人と触れ合うのも初めてに等しい彼女、気になるのは自分に無いあの部分の事!?

 

>>第60話:オ・モ・イ|ノゾキアナ7巻あらすじネタバレ

 

ノ・ゾ・キ・ア・ナ
作者:本名ワコウ
>>【スマホ漫画】ノ・ゾ・キ・ア・ナ|無料試し読みはコチラ
*試し読みは無料です
「ノゾキアナ」で検索してください

関連ページ

第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第55話:サ・ビ・シ・イ・ン・デ・ス|新たな気持ちで恋を始める決意を固めた龍彦、まどかちゃんを食事に誘います。ところが、せっかく二人で会おうと思っていたのに余計なお邪魔虫が付いてきて…。まどかちゃんのクラスメイトである望月、理恵は仕方なし。そこへなぜか米山が参戦し、えみるまで来るなんて聞いてない!
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第56話:ヘ・ヤ・ヘ・イ・コ・ウ・ヨ|新しい恋を始めようとまどかちゃんを誘った龍彦でしたが、結局はいつもの飲み会に。さらに初対面の塔子という女が変な絡みをしてきたせいで場の雰囲気は最悪!えみるの機転で無事に収まりましたが、仕返しに狙われたのは龍彦でした。
第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第57話:セ・ン・セ・ン・フ・コ・ク|まどかちゃんの告白を聞いて自分も決意を固めた龍彦、彼女を連れてアパートへと帰ってきました。途中で雨が降り出し、びしょ濡れになった二人は一緒にお風呂へ入ることに。ふざけ合いながらも楽しいバスタイムも終了し、いざとなると空気が重い…。
第58話:ナ・ン・デ?|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第58話:ナ・ン・デ?|穴の存在を忘れ、龍彦はまどかちゃんとエッチをする覚悟をしました。ところが寸前になってまさかの邪魔が!?なんと、えみるが壁を激しく叩いてきたのです。覗き合いの時は互いに干渉しないのがルールのはず、それを彼女から破るってどういうことだ!
第60話:オ・モ・イ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第60話:オ・モ・イ|まどかちゃんとラブラブな龍彦、最近では米山に加えて後輩の望月たちと一緒にいることが多くなりました。そんな縁でスパリゾートへ行くことになった一行ですが、えみるが一緒なのが気になる!?龍彦の心配はおいといて、今回は久々の水着サービス回です!
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第61話:ヌ・レ・テ・マ・ス・カ・ラ|話がある そう言われた龍彦ですが、その日えみるは動きませんでした。覚悟したような笑みを浮かべながら、自分の想いをすべて話すと言った彼女。どうやら簡単な話ではなさそうですね。覗き合いへの執着、龍彦への歪んだ愛情、一体どんな胸の内を明らかにしてくれるのやら…。
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第62話:コ・ン・ド・コ・ソ|話があると言って龍彦の部屋を訪れたえみる。しかし切り出そうとしたタイミングで望月たちが登場し、止む無くクローゼットに隠れました。一緒に隠れた龍彦も去年の夏の出来事を思い出し、ふたりは興奮し始めてしまいます。でも、それはすぐそこで行われている性行為に対するものではなく…。
第63話:ツ・ミ|あらすじネタバレ【ノゾキアナ7巻】
第63話:ツ・ミ|クローゼットに隠れたまま、裸になったえみるは最後の意地悪だと言って龍彦の下半身を握りました。逃げてもいい、あたしは追いませんと言われますが龍彦のとった行動とは?逃げるどころか、蘇った愛おしさと共に彼女のパンツの中へと指を差し入れていくのでした。